TOEFL® テスト公式教材ショップブログ

留学するために求められるスキルとは?

2016.07.05

日本での大学入試や国家公務員採用総合試験でも活用されているTOEFL iBT® テストですが、やはり「留学先にスコアを提出するために必要」という理由で受験する方が多いのではないでしょうか。

1964年から始まったTOEFL® テストはペーパー版からコンピューター版、そして現在はインターネット版へと移行されました。なぜテスト形式が変わっていったのか?それは留学生活で必要とされるスキルをより正確に測定するためです。
TOEFL iBTテストにはSpeakingセクションとWritingセクションにおいてIntegrated Taskと呼ばれる問題があります。本来Integratedとは統合するという意味ですが、Integrated Taskではまず文章を読み、関連するトピックを聞いた後に質問に答えるという問題内容になります。つまりSpeakingやWritingの問題ですが、解答する上でReading・Listening力も必要になる問題ということです。

TOEFLテスト公式教材ショップブログ

実際の留学生活を思い浮かべてみてください。例えば、海外の大学において教授は予習をしてきたこと(教科書で該当のトピックを読んできたこと)を前提に話をするので、事前に“Reading”をすることは授業の内容をより深く理解するためにも非常に大切です。いざ授業に参加すれば、教授が講義をするのでそれを必死に”Listening”します。その上で教授が生徒に意見を聞くので、自発的に”Speaking”することが求められます。もしくは教授から名指しで意見を求められることもあるので、とっさに意見をまとめて意見を述べるスキルが必要です。そして、大体の授業では課題としてレポート提出が求められるでしょう。その場合には教科書を読んで学んだことや授業内で得た知識を使って”Writing”します。
この一連の流れは、留学生活を送っていればよく出会うシチュエーションです。このように様々なスキルを駆使しながらコミュニケーションを取る必要があることが分かります。だからこそ、TOEFL iBTテストではIntegrated Taskが出題され、留学先で必要なスキルを“どれだけ使いこなせているのか”を測定しているのです。

TOEFL iBTテスト対策をすることで、自然と留学先で役立つスキルが伸ばすことができます。なので、TOEFL iBTテストを受験する際は「留学先にスコアを提出するために必要」と気負うのではなく、「実際留学した時に役立つスキルを伸ばすために必要」と思うようにしてはいかがでしょうか。

 

TOEFL iBTR Complete Practice Test(Authorization Code)

 

クーポン

 

 

 

TOEFL iBTテスト 過去問を使ったオンライン模擬試験

TOEFL iBT® Complete Practice Test

TOEFL iBT® テストを知る近道!出題形式も画面表示も操作も本番と同じ。スコアも見られる。どんなテストなのかも自分の実力もわかる。自宅でできるオンライン模試!!

詳細をみる

個別学習方針付オンライン学習プログラム

TOEFL®Online Prep Course

TOEFL iBT® テスト受験へ向けてスキルアップ!
RLSW 4つのスキルセクションのプレテスト診断から、あなただけの学習プランを作成。80時間もの問題を利用し、自分のペースで、無理なく確実にスコアアップへの道をサポートします

詳細をみる
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。
おすすめ記事
新規会員登録
最新の記事