TOEFL® テスト公式教材ショップブログ

CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップ受賞者の短期留学体験談をご紹介 フランス編

2016.12.26

TOEFLテスト公式教材ショップブログ

 

今回は、CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップの2016年度受賞者で国際基督教大学教養学部3年の西郷未希子さんから体験談が届きましたので紹介します。

 

留学の一か月が私に教えてくれたこと

2016年12月
国際基督教大学教養学部3年、西郷未希子

私はCIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップを通じて、フランスのパリに4週間留学してきました。

現地では英語開講のFrench Literatureという授業をとりました。課題が多く、大変なときもありましたが、現地の先生やスタッフさん、クラスメートと一緒に観光も楽しむことができ、有意義な4週間を過ごせました。

私がこの留学を通して学んだことは、海外ではまず「交渉してみることが大事」ということです。学校でも、お店でも、困ったことがあれば、まず交渉してみましょう。日本より融通が利いて、案外簡単に解決できることが多いと感じました。実際、私は授業のレポートが期限までにどうしても終わりそうになかったときに、放課後先生に交渉してみたところ、期限を延ばしてもらうことができました。時間に厳格な先生でしたが、私が普段はもっと時間をかけてレポートを書いていること、時間さえあればレポートがしっかり書けることを伝えたら、事情を理解してもらえました。海外では交渉するのも実力のうちだと考えられているようです。ですから、これから海外で勉強したり、海外とビジネスをしたい方は、上手な交渉ができるようになっておくと良いと思います。

その第一歩として、短期留学は良い練習の機会です。ぜひこのスカラーシップを活かして、国際的な体験をしてきてください。

 

TOEFLテスト公式教材ショップブログ

 

■CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップ
https://www.cieej.or.jp/exchange/scholarship/

 

 

 

TOEFL iBT Complete Practice Test(Authorization Code)

 

クーポン

 

TOEFLテスト公式教材ショップブログ

 

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。
おすすめ記事